カンジダ性亀頭包皮炎が治らないとき

 

カンジダ性亀頭包皮炎はカンジダ菌というカビの一種が亀頭部分や包皮部分に異常増殖することによって発症します。性行為によって感染することもありますが、多くの場合自家感染によって発症します。自家感染の原因としては抗生物質の使用や性器の洗い過ぎ、免疫力の低下などが挙げられます。カンジダによる亀頭包皮炎の場合、治療には抗真菌薬が使われます。カンジダ性亀頭包皮炎がなかなか治らない時は治療方法が間違っていることや免疫力が関係していると考えられます。近年、性病の治療薬は通販で購入できるようになりましたがきちんと原因を調べてからでないと素人で判断して薬を使用する事は大変危険です。亀頭包皮炎が治らない場合は間違った薬を使用している場合があります。病院で検査をしてもらう事が一番安心ですが、受診する時間がない方や受診する事に抵抗がある方等は自宅で検査が出来るキットを購入してみましょう。検査キットは匿名で検査をする事が出来るので家族に知られたくない方にもおすすめです。亀頭包皮炎が治らない理由として免疫力の低下が挙げられます。免疫力が低下するとカンジダ菌が異常繁殖してしまうため、治療と併せて適度な運動や規則正しい生活、栄養のある食事等を取りましょう。

 

 

 

亀頭包皮炎治療は保険適用可能?

 

亀頭包皮炎の治療や検査は亀頭部分や包皮部分に炎症、かゆみ、痛みなどの症状があり亀頭包皮炎の疑いがあれば保険が適用されます。このような症状が無い場合に検査を行うと保険のきかない自費となります。保険適用での検査になればかなり検査費用は抑えられます。亀頭包皮炎は亀頭と包皮の間にカスが溜まり細菌感染が加わることで炎症を引き起こします。カビの一種であるカンジダが感染した場合はカンジダ性亀頭包皮炎と呼ばれ慢性化することもある病気です。検査は主に医師の視診で診断しますが、雑菌化カンジダかは見た目では判断しにくいため皮膚正面を擦り培養検査が行われます。保険適用での検査と診察で約2500円程と考えて良いでしょう。この他に薬代がかかります。細菌が原因で症状が現れている場合は抗生物質の内服薬と外用薬を使い治療を行います。かゆみが出ている場合はステロイド剤が含まれた塗り薬を使う事もあります。カンジダ菌が原因の場合は抗真菌剤の配合された外用薬を使い治療を行います。かゆみがある場合はかゆみを抑える外用薬を使います。カンジダ菌が原因の場合ステロイドや抗生物質は逆効果となります。そのため、亀頭包皮炎を発症したら専門医に指示してもらい治すようにしましょう。

 

 

リンデロンVGを亀頭包皮炎の治療で塗る場合の注意点

 

ず、リンデロンVG軟膏はステロイド外用薬だということを、ご理解ください。陰部の猛烈なかゆみで、アトピーのかゆみと、似たような感覚に陥るかもしれませんが、原因と作用する効能が全く違います。リンデロンVG軟膏は、膣や亀頭部といった、非常にデリケートな部分に塗布するお薬ではありません。亀頭包皮炎は主な原因が真菌である可能性が非常に高いです。原因である真菌に、ステロイド外用薬である、リンデロンVGは効きません。もし、市販薬で治療したいとお考えならば、真菌(水虫の原因)に効く、市販薬を塗る行為を行ってください。亀頭包皮炎は、性病ではないため全く恥ずかしがることはありません。たしかに、かゆくてかゆくて日常生活に支障が出てしまいそうですが、薬については正しい知識を持ちましょう。リンデロンVGはステロイド剤の中でも中程度の強さを持ち、主に手のひらや、かかとなど皮膚の厚い部分に処方されます。顔にも処方されない強めの薬ですので、非常に薄い粘膜で構成されている、陰部になどは決して使用してはいけません。陰部のかゆみも、アトピーのかゆみも、虫刺されのかゆみも、すべて同じかゆみで、単純にかゆみを止めるだけの、対処療法に行きがちですが、正しい知識を身に着け、原因と症状に効く外用薬を使い分けてこそ、健康的な日常生活が送れるようになるのです。

カンジダ性亀頭包皮炎が治らないとき記事一覧

亀頭包皮炎に効く薬の特徴亀頭包皮炎の特徴としては、子供に多いとされる病気であり、大人がなった場合は再発を繰り返したりして重症化することが多いとされている、亀頭から包皮の部分に炎症を起こす病気です。この亀頭包皮炎の原因としては、主に細菌とカンジダによるものと考えられています。子供の場合は、細菌により発症することが多く、大人の場合はカンジダによるものが多いとされています。症状としては、ペニスの炎症を起...

亀頭包皮炎に効果のある市販薬初めて亀頭包皮炎が疑われる症状が発生した場合、多くの人は病院に行くのをためらうでしょう。それは泌尿器科に対するイメージであり、診察をしてもらうことに対する恥ずかしさもあると言えるのです。そのためドラッグストアなどで効果が期待できる市販薬を探すケースもありますが、残念ながら亀頭包皮炎に直接的に効果があると考えられる薬剤は市販薬の中にはないのです。亀頭包皮炎の原因には細菌感...

亀頭包皮炎に効果のある飲み薬亀頭包皮炎は大人が発症する場合にはカビの一種であるカンジダの影響がある場合が多いと考えられていますが、細菌の感染の可能性もあります。いずれにしても自然治癒しないケースが多いため、積極的な治療の必要性があると言えるでしょう。そんな亀頭包皮炎の治療には抗生物質を使用することがあります。一定期間服用する飲み薬が処方され、最後までの身切ることが大切です。その過程で解決すれば良し...

自力で亀頭包皮炎と戦うコツ亀頭包皮炎は完治まで個人差があり、治療方法にもその傾向があります。治療薬を用いることなく、自然治癒した人もいますので、自力で治すこともできるでしょうが、基本は治療薬を用いて、亀頭包皮炎の原因である細菌やカンジダをやっつけるのが正しい治療になります、自力で戦うのであれば、症状を繰り返さないためにできることになるでしょう。亀頭包皮炎は、再発や治りにくい人も多いです。その原因と...

亀頭包皮炎が悪化しやすい人とは亀頭包皮炎になって治療しているけど治らない、さらに悪化したという方の原因としてこんなことはされてないでしょうか。女性との性交為、汚い手でペニスに触る、自慰行為を頻繁に行うなど、これらの行動は症状を悪化させます。性行為は治療期間中は禁止になるのですが、どうしても断れなかったり、ご自身が我慢できずに行い、さらに悪化させるというケースが多いようです。自慰行為も、菌が入り込み...

亀頭包皮炎になったけどプールに入っても大丈夫?亀頭包皮炎になった場合にはプールには入らないようにしてください。大人でも子供でもかかる病気、亀頭包皮炎は包皮に最近が繁殖して起こる皮膚疾患なのですが、もしもプールに入ってしまいますとさらにひどくなる可能性もあります。プールは不特定多数の人が入っていますので雑菌が多くあります、その水に陰茎が振れるようなことは悪化する一方です。また亀頭包皮炎になった場合に...