MENU

亀頭包皮炎に効果のある飲み薬

 

亀頭包皮炎は大人が発症する場合にはカビの一種であるカンジダの影響がある場合が多いと考えられていますが、細菌の感染の可能性もあります。

 

いずれにしても自然治癒しないケースが多いため、積極的な治療の必要性があると言えるでしょう。

 

そんな亀頭包皮炎の治療には抗生物質を使用することがあります。一定期間服用する飲み薬が処方され、最後までの身切ることが大切です。

 

その過程で解決すれば良し、解決しなければ他の原因を検討するという手順で治療が進められることになります。

 

効果が出る場合はすぐにでも亀頭包皮炎の特徴的な症状であるペニスに出る白い垢の様なものが軽減される効果を実感することが出来るでしょう。

 

垢が出続ける状態は亀頭にダメージが積み重なる状況であるため好ましくない状態にあると言えるでしょう。そのため早急な対処が必要になります。

 

飲み薬に並行して塗り薬が使用されることもあります。薬局では購入できない非常に強い効果が期待できる薬を塗布することで炎症を抑えることが出来る種類の薬も存在しており、併用することで問題に対処することが出来ます。

 

これらの薬は市販品には存在していないため、専門の病院になるべく早期にかかる必要があるのです。

 

亀頭包皮炎に必要な治療期間

 

亀頭包皮炎は、子供にも多い病気の一つですが、大人の男性でもかかることがある病気です。

 

子供の場合は最近が原因で、大人になるとカンジダ菌が原因として症状が出ます。

 

カンジダ菌といえば女性に多いイメージであり、特に男性の性器は露出して通気性が多いのでかかりにくいですが、あまり清潔にしていなかったり免疫力が低下すると症状が出やすくなります。

 

また、カンジダ膣炎にかかっている女性との性行為によっても亀頭に感染することがあります。

 

症状は、主に白いカスのような垢が溜まったりかゆみが出たりしますが、特に包茎の人は亀頭が包皮で隠れていて湿っていることが多いため再発を繰り返しやすいので早めに医療機関に行くことをおすすめします。

 

亀頭包皮炎の潜伏期間は1~7日ほどで、治療は抗真菌剤の軟膏などを塗って行っていきます。

 

治療期間は個人差がありますがほとんどの人が治療を始めて1~2週間で症状が落ち着いていきます。

 

ただ、ここで治ったと勘違いして治療をやめてしまうと、まだ包皮の奥に隠れてるカンジダ菌が繁殖して再発することも考えられますので、1ヶ月くらいは軟膏を塗っていく方が良いでしょう。

 

治療中に我慢できずにセックスをしてしまうとなかなか治らないので気を付けましょう。

 

常に亀頭を清潔に保ち、湿気の多い状態にしないことが大切となってきます。

 

 

どんなカンジダ治療が有効?

カンジダが軽度だとしても、本当は病院へ行ってしっかり治療を受けて治すことをおススメします。
というのも、軽度であってもカンジダはそのままにしておくと、悪化して余計に痒みを増すことが意外に多いからです。
カンジダは自然治癒も可能なので、「放っておけばいいや」って思ってしまう人もいます。
でも、何度かカンジダになったことがある人だったら、カンジダは放置しておくよりも、通院して早く治してしまう方が賢明だと知っています。
女性の場合、自然治癒では難しいと、カンジダの症状が悪化してから病院へ駆け込むと、大体の場合は、炎症を抑えるために毎日膣錠と膣内の消毒のために通院することになるのが多いからです!
仕事を休みたくないと思って、通院を避けていた人にとっては、まさに本末転倒の結果です。
だったら、通院日数も短く済む初期の段階で病院へ行ってしまったほうが、よっぽど利口です!
何事も症状が悪化してから行くのではなく、やはりカンジダの症状が軽度の時に行くのがベストです。
そのタイミングを間違えてしまうと、治療に時間もお金もかかるようになってしまいます。
市販薬で効果が感じらない時にも、やはり見切りをつけて、いつかは病院に行かないといけなくなる時があります。