MENU

亀頭包皮炎が悪化しやすい人とは

 

 

亀頭包皮炎になって治療しているけど治らない、さらに悪化したという方の原因としてこんなことはされてないでしょうか。

 

女性との性交為、汚い手でペニスに触る、自慰行為を頻繁に行うなど、これらの行動は症状を悪化させます。

 

性行為は治療期間中は禁止になるのですが、どうしても断れなかったり、ご自身が我慢できずに行い、さらに悪化させるというケースが多いようです。

 

自慰行為も、菌が入り込みやすい傷を作ったり、摩擦することで赤みや腫れ、かゆみが増したり皮がむけたりなどして、悪い状況を作ってしまいます。
お風呂に入らない、ペニスを洗わないなど、不衛生な状態でいるのは以ての外です。

 

しかし、早く治したいからといって洗い過ぎるのもよくありません。

 

ペニスを清潔な状態に保つのは良いことではありますが、もし罹っているのがカンジダ菌による亀頭包皮炎なら、細菌や雑菌などはいなくなりますが、ほかの菌とのバランスが崩れることで、カンジダ菌が活発化しやすい状況を作ってしまうのです。

 

そうすると、菌がペニスにさらに根っこを張ることになり、治療にも時間がかかるようになります。

 

亀頭包皮炎は、根絶と完治が非常に難しい病気です。

 

治ったと喜んでまた無理なことを繰り返せば再発する可能性もあるのです。

 

亀頭包皮炎の痛みとかゆみ

 

亀頭包皮炎という病気をご存知でしょうか。

 

亀頭包皮炎は健康な男性であっても発症する可能性があり、また発症していても気づく事が難しい病気です。

 

初期の段階では男性器が少し赤くなる程度の症状で目立った自覚症状はほとんどありません。

 

しかし亀頭包皮炎の症状が進行して悪化してしまうと痛みやかゆみなどを感じるようになり、包皮や亀頭が炎症を起こしてしまいます。

 

また治療もせずにそのまま放置してしまうと排尿も困難になってしまう程の激痛を伴う事もありますので、亀頭包皮炎かもしれないという方は病院へ受診して治療を受けるようにしましょう。

 

軽度の症状の場合は自然治癒で症状が治まるケースもありますが、夏場などの気温が高く蒸れやすい時期は雑菌やカビが繁殖しやすくなりますので症状が悪化しやすいです。

 

特に包茎の方は包皮と亀頭の間に蒸れやすく不衛生な環境ができてしまいますので適切な治療をおこなわなければ、病気を完治させる事はできません。

 

またカンジダなどのカビが原因で発症するケースと細菌による感染が原因で発症するケースがありますが、素人の方ではどちらに感染しているのかを判断する事は難しいです。

 

カンジダが原因の場合と細菌が原因の場合では治療方法もまったく異なりますので男性器が痛い、かゆみがあるなどの症状が出た場合はすぐに病院へ受診するように心がけましょう。

 

 

男性カンジダはほとんどが軽度

男性がカンジダに感染した場合、ほとんどが軽度で完治することが多いです。
というのも、男性は女性と違って、自らカンジダ症を発症することはほとんどないと言われています。
そのため、カンジダの感染は主に性交渉です。
そして、性交渉によって感染したとしても、男性の性器は女性と違って体の外部についている為、乾燥しやすい状況にあります。
カンジダは湿った場所を好み、乾燥を嫌うので、男性の性器はカンジダにとっては、住みにくい場所です。
なので、男性のカンジダの場合は、重症化する前に自然治癒で十分良くなることが多く、女性よりも深刻な症状になりにくいです。
男性はカンジダになってしまった場合、患部を清潔に保ち、乾燥させるようにしておくと、数習慣で治ってしまいます。
さすがに膿が出るほど症状が悪化した場合は、市販の薬を使うか、病院へ行くのも良いと思います。
病院へ行っても、男性の場合は、塗り薬を貰うだけで、何度も通院をする必要がないので楽です。
毎日膣錠と消毒で通院しないといけない女性の場合の治療とは違いますので、男性の場合は、面倒が少ないです。
早く安心したいのであれば、男性は思い切って、病院へ行ってしまったほうが、絶対におススメです。