特徴的なおりものがでるカンジダ膣炎

 

カンジダ膣炎は、不完全菌に属する酵母の代表的なカビの一種として膣内のみならず性器周辺やその他の体表に存在している常在菌であり、免疫力の高い健康時には常在菌に対し過度の増殖を抑制していますが、体調不良などの理由で免疫力が低下するとか過剰に繁殖して症状を発症する日和見感染症とも呼ばれています。

 

カンジダ膣炎は、性交渉による性感染症の一つと勘違いしている人が多くいますが、人の常在菌であるカンジダ真菌により引き起こされる感染症であり、性行為の経験が無い若い女性でも発症する感染症なので早期の診断と治療を必要があります。

 

カンジダ膣炎の検査は、病院で行う場合には膣から分泌される物質を培養したり顕微鏡で調べたりして診断しますが、自宅で検査を行う場合は感染後膣無いのpHが変化する事を利用した検査方法や寝起きの唾液を水に垂らして判断する検査方法などがあります。

 

カンジダ膣炎の症状として、おりものに大きな変化が見られる特徴があり、白くボロボロとしたかす状やカッテージチーズヨーグルトの様なおりものが外性器の周りや下着につくのが特徴です。

 

この様なおりものに気付いた時は、速やかに医療機関の診断を受ける必要があります。

 

強いかゆみを伴うカンジダ膣炎

 

カンジダ膣炎は、真菌というカビの一種によって引き起こされます。

 

カンジダは常在菌なので、もともと膣内に存在しています。体調を崩したり抵抗力が落ちている時に、これらの雑菌が増えてしまい、カンジダ膣炎を発症します。

 

カンジダ膣炎の症状は、おりものの量が増えたり、非常に強いかゆみに襲われます。

 

他にも、痛みや赤み、はれ、発疹なども発生します。強いかゆみは外陰部だけでなく、膣の入り口付近にも及び、いてもたってもいられないほどになることもあります。

 

チクチクした痛がゆさを経て、下着がこすれるだけでもハッとするような痛みが出るようにもなります。

 

カンジダ膣炎は、生理中のナプキンのムレや刺激などで、症状がぶり返したりひどくなることもあります。

 

したがって、ナプキンはこまめに取り替えたり、通気性の良いものを使用することが大切です。

 

また、おりものの量が多いため、おりもの専用シートを使う人が多いですが、同様にこまめに取り替え、常に清潔な状態でいられるようにしましょう。

 

できれば、布ナプキンを使ったり、コットン素材の下着を履き替える方が良いです。菌を増やさないようにすることが、かゆみを軽減することにもつながります。

 

カンジダ膣炎は、治ったと思ってもまたかかることがよくありますので、抗生物質の塗り薬や通院での膣洗浄による治療、清潔な状態を保つことを根気強く続けることが大切です。

 

 

抗ヒスタミンではカンジダは治療できない!

 

カンジダに効果がある成分は決まっており、それは抗真菌薬です。

 

間違って抗消炎薬や抗ヒスタミンを使ってしまうと、カンジダの治療にはなりませんので気を付けましょう。

 

カンジダは真菌というカビの一種なので抗真菌薬が効果があるのです。

 

抗生物質などを使ってしまうと、本来だったらカンジダ菌の増殖を抑えてくれるはずの良い菌までも、弱らせてしまうため、カンジダ菌が余計に繁殖しやすい環境になってしまう可能性があります。

 

そのため、抗生物質を長く愛用している人ほど、カンジダはなりやすいっていいますね。

 

やっぱり抗生物質には、常在菌のバランスを崩してしまうリスクがありますので、ちゃんと抗真菌薬を選ばないと、治りが遅くなってしまいます。

 

自分で市販薬を選ぶのが難しいと思った時には、薬剤師さんに聞いたりする方が確実です。

 

でも、カンジダの薬を探しているなんて、薬剤師さんにはちょっと言えないですよね。

 

そういう時は、やっぱり病院で薬を処方してもらったほうが、間違える可能性がないので安全です。

 

ネットも人と顔を合わせないで購入するのに便利ですが、やっぱり初めてカンジダの市販薬を選ぶときには、成分をちゃんと確認して購入するようにしましょう。

特徴的なおりものがでるカンジダ膣炎記事一覧

自宅で自然治癒させたいカンジダデリケートゾーンに強いかゆみを感じるカンジダは、治療のために病院に行くのが恥ずかしいという人も多いでしょう。自然治癒することはあるのでしょうか。カンジダの原因である菌は、もともと人間の身体に住み着いています。疲れやストレスが溜まったり、栄養不足や睡眠不足、ホルモンの分泌が乱れることが原因で免疫力が低下すると症状があらわれます。そのため、自然治癒させようと思ったら、免疫...

自宅でもできるカンジダ治療カンジダとは、女性の膣など体内に存在するカビが原因で発症する病気です。男性、女性共に、性器に症状が現れるため、性交の時接触した場合、相手に感染する可能性があります。ですが、性感染症とは違うものです。女性の場合、膣が体の内部にあるため、男性よりもカンジダの発症率は高いのも特徴です。また、性器以外にも皮膚や口にもカンジダを発症する場合もあり、かゆみなどが出る場合もあります。症...

カンジダを自宅で自然治癒させたいときはカンジダ菌が増殖し、発症してしまった場合、かゆみや痛みがつらいものです。また、性器に症状がでるため恥ずかしい気持ちもあり、なかなか病院に行く気にならない方も多いはずです。ですが、発症した状態で放置するのは悪化する原因にしかなりません。出来る事なら病院に行き、治療を受けるほうがいいでしょう。適切な治療をしてもらえるので、早く症状が改善し、完治する可能性が高いはず...

カンジダ予防についてカンジダ膣炎は、主にデリケートな部分がカンジダ菌で強い痒みを感じる病気です。そのまま放置していると、症状は夜も眠れないほどの強い痒みになり、異臭が漂う状態にもなります。大変な事態に。ほとんどの方は、この病気は性行為で人から菌を移されることで発症すると思いがちです。しかし、そもそもカンジダ菌は、人間の体内に存在するものです。したがって、風邪などをひいて免疫力が落ちている状態のとき...

カンジダよりも実はすごく怖い病気とは?細菌性膣炎って、カンジダよりも実はすごく怖い病気だと知りませんでした!妊娠中はカンジダの心配ばかりをしていましたが、カンジダよりも細菌性膣炎になってしまうと、流産や早産の可能性が出てくるので、かなり深刻なようです。カンジダの場合は、免疫力の低下などで、勝手に発症してしまうものですが、細菌性膣炎の場合は膣内が何らかの原因によって酸性の状態が弱まることが原因です。...

カンジダを治したいのであればおりものシートは使わない!カンジダを治療するには抗菌薬が必要になり、抗炎症薬なんかでは完治できません。デリケートゾーン用の薬は、メントール配合などで、痒みを抑える成分が配合されているので、なんとなく痒みが収まり、効果があると一時的には思うかもしれません。しかし、カンジダの場合は、抗菌薬を使用しないと根本的な治療にはならないのです。あとは、おりものシートは使わない方が、カ...

1週間で完治するカンジダの薬とは?私がカンジダになった時に、真っ先に購入してしまったのがフェミニーナ軟膏。有名なデリケートゾーン用の薬だったので、カンジダの痒みなんかも、フェミニーナ軟膏で対処できると思っていたのです!でも、フェミニーナ軟膏を使っても、一向にカンジダが治らない。変だな~と思いながら、説明書を読んでみると、フェミニーナ軟膏がカンジダに効果がある抗真菌剤ではないことが判明!そりゃあ、効...

カンジダの市販薬は?カンジダ治療にも用いられるのは抗生剤ではなく抗真菌薬です。でも、市販薬は抗真菌薬ではなく抗生剤を使っているものもあるので、すごく紛らわしいです!素人が市販薬を買う時には、本当にカンジダに効果がある成分か確かめることが重要です。女性の場合は、自然治癒のために放っておくと、悪化してしまうことも多いので市販薬でもいいから薬を持っておくと安心です。病院に行くほどの症状ではなく、市販薬で...

抗生物質を長年利用している人はカンジダに注意カンジダになると、自然治癒もできますが、やっぱり痒みが酷くて市販薬も欲しい時があります。カビであるカンジダに効果がある薬というのは、抗真菌薬のことであり、抗生剤では効果がありません。デリケートゾーン用の薬には抗生剤が多いですが、カンジダ対策となると抗真菌でないと意味がありません!そのため、間違っても、デリケートゾーン用の薬は買わないこと!デリケートゾーン...

厄介なカンジダの治療膣カンジダは膣内が酸性に傾くと発症しやすいって言いますね。身体を酸性にするのはストレスが原因と言われていますから、ストレスを解消することがすごく大事なんです。膣カンジダは一回なってしまうと、再発も多い部位です。そのため、膣カンジダの予防をするのであれば膣内が酸性に傾かないように、日頃からストレスと上手く付き合うことが大事になってきます。また、カンジダはすぐに治る!こんな意見をし...