ぺニスのカンジダは自然治癒するのか?

 

ぺニスのカンジダってそのまま自然治癒するのを待つこともできますが、症状の悪化が怖い人はちゃんと薬で治療した方が安心です。

 

自然治癒って、お金もかからないし、すごくお得な印象がありますが、当然悪化するリスクもあります。

 

ペニスのカンジダの場合は、尿道炎になってしまうこともありますので、できれば薬を使って早く治療した方が安全です。

 

また、高齢者の場合は、傷口などからカンジダ菌が体内へ入り、敗血症になってしまった場合、大変なことになってしまいます!

 

高齢者は敗血症による死亡の可能性もありますので、カンジダを放置するというのは、あまり良くないことなのです。

 

カンジダ菌は敗血症をあんまり起こしにくいとは言われています。

 

しかし、可能性がないわけではないので、やはり気を付けないといけません。

 

特に高齢者は、カンジダになってしまった場合は、早めに病院へ行くようにして、完治を目指すようにしましょう。

 

高齢者が自然治癒を目指しても、免疫力が低下している状態では、なかなか治りませんからね。

 

やはり若い時の方が、回復も早いので、高齢の場合は、早めに病院へ行き、ちゃんと検査をしてもらってから治療をするようにするのがおススメです。

 

尿道炎になる可能性があるカンジダ

 

ぺニスのカンジダの場合、尿道炎になってしまうと治療期間が長くかかってしまうことがあります。

 

尿道炎で、排尿痛がちょっとあるくらいだったらまだ軽い方。

 

ペニスのカンジダから尿道炎になって、血尿などが出るようになったりすると、治療も大変になります。

 

やはり尿道炎などになる前に、ちゃんとカンジダを完治させる方が賢明です。

 

カンジダって、一回治っても、女性なんかの場合は、2カ月とか3カ月ですぐに再発することもありますので、気を付けていないと、なかなかカンジダから離れられなくなってしまいます。

 

女性は、しつこいカンジダを完治するためには、食事や生活習慣なども改善していくことが必要になってきます。

 

免疫力が低下してしまう原因の睡眠不足や、偏食は避けて、規則正しい生活を行うようにすることも大事です。

 

特に疲労やストレスの解消につながる睡眠が極端に不足してしまうと、カンジダになりやすいと感じます。

 

睡眠不足になってしまうと、カンジダがどうしても治りにくくなりますので、しっかり睡眠を確保するようにしましょう。

 

産後のママさんが頻回授乳でカンジダになったりするのは、やはり睡眠不足で免疫力が低下していることが大きく影響していると思います。

 

 

オーラルセックスが原因でカンジダになる

 

女性は膣カンジダ、男性の場合はぺニスのカンジダを治療する人が多いです。

 

男女によって、治療期間は異なり、通常はペニスのカンジダの方が、膣カンジダよりも楽に完治すると言われています。

 

そして、カンジダはオーラルセックスでも感染することが多いので気を付けましょう。

 

挿入だけが、カンジダの感染原因ではありません。

 

オーラルセックスが原因でカンジダになる場合、口腔カンジダや亀頭包皮炎が問題になります。

 

亀頭包皮炎の人がオーラルセックスをしてもらうと、当然オーラルセックスをした人が口の中にカンジダ菌をもらってしまいます。

 

口の中に元々カンジダ菌は存在しますが、オーラルセックスなどでやはり一定数を超えるカンジダ菌を貰ってしまうと、口腔カンジダの原因になってしまいます。

 

そして、口腔カンジダになってしまった人が、更に別のお客さんへオーラルセックスをすると、伝言ゲームのように、次々とカンジダの感染を招きます。

 

そのため、ピンサロのような風俗施設では、やはりあまり危機管理が徹底されていないので、気を付けないと危ないですね。

 

特にオーラルセックスの場合、口腔カンジダになっている風俗嬢を、お客さんがチェックすることも少ないですからね。