男性のカンジダのチェック方法

病院での男性のカンジダのチェック方法は、通常は尿検査や培養検査です。
培養検査というのは男性器にカンジダ菌がついていないか、綿棒で表皮をこすり、確認する方法です。
女性に比べて、男性のカンジダ検査の方が簡単です。
それこそ、ネットではカンジダの簡易検査キットなんかもありますからね。
男性の場合は、女性に比べて、治療も塗り薬だけで済んで楽。
治療期間も短く、すぐ治るので、それほどカンジダで苦しむことは少ないと思います。
何度も何度もカンジダの再発で苦しんでいる女性からしたら、本当に恵まれている方だと思います。
女性は一回治っても、すぐにまたカンジダになってしまうことが多いですからね。
女性と違ってすぐにカンジダが治りやすい男性は、市販薬も少ないのは、やっぱり放っておいても、簡単に治ってしまうからだと思います。
心配な男性は、病院でカンジダの検査を受けて塗り薬だけでももらっておいた方が良いと思います。
家に市販薬があると、痒みが酷くなった時に、すぐに対応が出来るので便利ですよ。
眠れないほど痒みを感じることもありますので、軟膏があると、塗りこんでいるうちに痒みが楽になってきますからね。
塗り薬をある方が便利なのでおススメです。

 

男性の場合はカンジダを病院で治療するべきか?

男性のカンジダ患者は病院で検査を受けて治療をするか、自然治癒で完治するか、悩むところだと思います。
というのも男性のカンジダ患者の方が病院で検査や治療を受けなくても、自然に治りやすいと言う特徴があるからです。
女性の場合は、自然治癒を待っていると、その間にどんどんと悪化することが多いですが、男性の場合は違います。
男性器は空気の触れやすい場所についているので、別に病院に行かなくても、そこそこ簡単に治ってしまうのです。
だったら、わざわざ忙しい時間を割いてまで病院へ行かなくても良いかなって思います。
でも、女性の場合は、男性と違い、カンジダの症状が悪くなることが多いから、必ずしも放っておくのが良いとは言えません。
悪化してから、結局病院へ駆け込むくらいだったら、最初からちゃんと病院で治療を受けた方が賢明です。
カンジダが悪化すると、病院通いになった場合は、毎日膣錠による処置を行われる可能性が高いので、毎日通院になることも少なくありません!
私もカンジダの症状がよくなかった時は、毎日の通院で、消毒と膣錠を入れてもらっていましたからね。
症状が軽いのであれば、数日おきとか、数週間おきでも良いと言われるんですけどね。

 

 

カンジダ検査に行く時に気を付けたいこと

カンジダ検査を受ける場合は男性も女性も、脱ぎは気がしやすい服装で行くことをおススメします。
着脱しにくい洋服でカンジダ検査に行くと、診察で手間取ります。
男性のカンジダの検査は女性とはちょっと違います。
男性のカンジダ検査は、性器の綿棒を当てて、カンジダ菌がついているかチェックしますが、女性の場合は診察台に上がります!
これが女性にとっては、本当に屈辱的で嫌な検査なんです。
性器の部分がはっきりわかるように、下着を抜いて診察台に上がり、M字開脚状態になります。
はっきり言って、10代の恥じらいのある乙女なんかには、耐えられない恥ずかしさだと思います。
私が通っていた婦人科では、先生と目が合わないように、カーテンが引かれていましたが。
もう気まずいったら、ありゃしない!
カンジダの診察について読んでいるだけで、病院へ行きたくないって言う気持ちになてしまう人もいると思います。
それでも、カンジダを根本的に治すのであれば、やっぱり病院の存在はかなり大きいです。
市販でも完治できないようなカンジダの症状でも、病院だったら膣錠と消毒で、あっという間に治してしまいますからね。
恥かしいけど、治療効果としては、病院が一番です。

 

 

男性と女性のカンジダ検査とは?

男性のカンジダ検査は、女性とはちょっと違います。
女性の場合は診察台で直診などがありますが、男性のカンジダ検査の場合は、綿棒を使った培養検査がメインになります。
培養検査というのは、男性期の亀頭や尿道口の周辺を綿棒でなで、カンジダ菌がいるかどうかをチェックする方法です。
まあ、女性も男性も、恥かしい検査ではありますが、どっちかといえば、男性のカンジダ検査の方が、痛みは少ないかなって思います。
女性の方が、金属製の器具を子宮に入られたり、女性が不快に感じる検査が長いと思います。
男性のカンジダ検査の場合は、嫌なことが一瞬で終わってしまいます。
もしもカンジダになてしまった時には、やっぱり恋人や結婚相手がいるのであれば、まずはしっかりと報告をすることが大事だと思います。
感染の可能性があることを、ちゃんと伝えておくことは、一つのマナーだと思います。
カンジダのことを知らせないでいることは、恋人や結婚相手に嘘をついていることになってしまいます。
カンジダの感染を聞くのは、確かにショックかもしれません。
でも、それよりも、カンジダのことをひた隠しにされたというのは、すごくパートナーとしては、信頼関係に疑問をいだくようになってしまう大きな問題になりかねません。

 

男性のカンジダを見つける培養検査

女性のカンジダ検査はいつも思うけど、本当に過酷。
男性のカンジダ検査は、性器の皮膚を綿棒でこすって培養検査をするだけですが。
女性の場合は、クスコなどの特殊な検査器具をカンジダの診察で使用されるので男性よりも苦痛が大きいと思いました。
クスコなどの検査器具って、やっぱり金属でできているので、膣の中にいれると、すごくひんやりしていて、嫌な気持ちになってしまいます。
診察台に上がっていた時に、「中絶をする時っていうのは、こういう気持ちなのかな」 と、ふと思ってしまいました。
それだけ女性のカンジダ検査の時って、診察台で先生の診察を待っていると、色々な感情が出てきます。
不安な気持ちもありますし、恥かしい気持ちもあります。
初診の場合は、結構じっくりチェックするので、診察時間がすごく長く感じました。
やはりクスコのような検査器具を差し込まれると、力が入ってしまいます。
でも、検査器具を入れた時に、少しでも痛みや違和感をなくすのであれば、体の近田は抜いた方が良いんですけどね。
身体に力が入っていると、やっぱりそれだけ痛みを感じやすくなってしまうので、リラックスして診察を受けるようにした方が良いですね。
後はお医者さんとの相性も大事ですね。